月別: 2017年12月

買取不可となる美容機器はあるのか

美容機器を買取してほしいという方もいらっしゃるかと思いますが、どのようなものでも買取ができるというわけではありません。
そう聞くと、どのような製品が買取不可なのかと疑問に感じられることでしょう。
そこで、美容機器の買取不可のケースについていくつか見ていきましょう。

非ライセンス製品について

海外で購入したという場合にあるものが「非ライセンス製品」です。
中には模倣品や海賊製品などもあるかもしれません。
こうしたものは当然ながら買取不可となっています。正規品であってもそれが確認できない場合にも買取不可となりますのでご注意ください。

リコール製品について

古い製品ですと、リコールが出ていた・販売中止になっていたというものもあるようです。
こうしたものに関しても買取は不可となります。
仮に、正常に動作をし安全に使えていたという美容機器であっても買取は不可となっています。
インターネットを活用して製品について調べておくと効率的です。

安全性の問題について

先につながる部分でもあるのですが、リコールなどは出ていないものの安全性が確認できない美容機器についても買取ができない場合がほとんどです。
あまりに古い製品だという場合には、安全性を疑われることもあるでしょう。

店舗や業者ごとに変わってくることも

店舗や業者ごとの判断で「買取不可」というケースも出てきますのでこちらにおいても把握しておくとよいでしょう。

買取をスムーズにさせるために

今回は、買取不可となりうるケースについて見ていきました。
こうしたことを知っておくと。買取作業もスムーズに進められるかと思いますので、認識しておくことをおすすめしたいと思います。
分からない場合には、業者や店舗に質問をして見るのもおすすめです。

美容機器の買取スタイルを考える

美容機器を買取してほしいという場合、その買取方法にもいくつかの選択肢があることをご存知でしょうか。
これらを知っておくと、状況や環境に合わせた買取スタイルを取り入れていただけるかと思います。
そこで、ここではいくつかの買取スタイルについて見ていきましょう。

店舗買取について

こちらはイメージとして一番大きいかと思います。
直接店舗に足を運んで買取をしてもらうことをいいます。
その場での査定から買取となりますので、1回ですべてのやり取りを終わらせることが出来ます。
また、すぐに現金を受け取ることが出来るのも魅力といえるでしょう。

在宅買取について

店舗や業者のスタッフが自宅に訪問をし査定と買取を行ってくれるというスタイルです。
美容機器の中でも重量や大きさがあるという場合・何らかの事由によって外出が出来ないという場合に非常に便利です。
出張費用に関しては、原則として無料のことが大半ですが地域によっては別途かかる場合もありますので確認をしておきましょう。

配送買取について

申し込みから買取完了まで人と会わずにやり取りをする方法です。製品を配送するという形で買取をしてもらいます。
金銭については銀行口座振り込みとなります。
配送料並びに梱包キットに関して無料としているところも多いので、自己負担はないでしょう。
しかし、念のための確認は必要です。
スケジュールが立ちにくい・忙しくて買取を実施する暇がないという方にもお勧めの方法です。

自分にあった買取スタイルを

今回は、代表的な買取スタイルを掲げていきました。
自らの環境や状況に合わせた方法を選んでスムーズな買取を目指していただければと思います。
その都度選択をするというのもよいでしょう。

注意点と買取前の確認ポイントについて

美容機器を買取してもらいたいと希望している方もいらっしゃるでしょう。
今では、比較的に簡単に取引をしていただくことが出来るのですが、やはり事前に考えておくべき注意点・確認しておきたい点というものもあるのです。
そこで、ここでは買取前に覚えておきたい注意点と確認ポイントについて触れていきましょう。

動作確認を行おう

故障をしている美容機器の買取を実施している店舗や業者もあるのですが、故障しているものは受け付けないというところもあるのです。
ですので、まずは動作確認をしていただければと思います。

万が一、動作しないという場合にはその旨を記して業者や店舗に問い合わせもしくは査定を行っていただくとよいでしょう。

比較をしてみよう

依頼をする前にしていただきたいこととして1箇所ではなく2箇所以上の業者・店舗に査定をし比較をすることをお勧めしたいと思います。
同時に、手数料や送料などがかかるか否かも確認しておきましょう。

身分証明書の準備

身分証明書は買取契約をする際に必要となります。
法律上必須の行為ですので、証明できるものを用意しておきましょう。
なお、証明書と現住所が違うという場合には、公共料金の領収書などを別途用意しておくとよいでしょう。

付属品の確認

付属品があるか否かは買取価格はもちろん、充電器などが無い場合には「使用できない製品」となってしまう美容機器もあるでしょう。
ですので、こちらにおいても事前に確認をしてください。
一見すると製品と関係ないような外箱についてもあれば必ずつけるようにしましょう。

事前に注意しておこう

今回は注意すべきポイント・確認すべきポイントについて見ていきました。
注意に対する認識とポイントを抑えて満足取引をめざしましょう。

少しでも高く美容機器を買い取ってほしい方へ

使用していない美容機器があるという方も多いのではないでしょうか。
そのような場合、眠らせたままにせずに「買取」を取り入れてみることをおすすめしたいとおもいます。
そこで、ここでは少しでも高価買取につなげる方法というものを考えていきましょう。

購入時期を確認してみよう

美容機器の購入時期を確認してみましょう。
保証書などがあればはっきりと確認できるのですが、そうでない場合には型番から製造年月日を調べるという方法もあります。

美容機器の購入時期が1年以内であるというものは特に高価買取につながりやすいのです。
基本的には「3年以内」のものであれば満足した価格がつくともいわれています。

付属品はすべてつけよう

充電アダプタや外箱さらには説明書などがあればつけてください。
こうした要素もまた高価買取につながりやすいのです。
店舗や業者からすると、これら付属品がそろっているという事は「コンディションが良好な製品である」という判断をするのです。

美容専門買取業者を利用する

リサイクルショップなどを利用するのももちろん良いのですが、少しでも高くと考えているようであればやはり「専門業者」に依頼をするのが良いでしょう。
プロの目で適正に判断してくれますので、納得できる価格がつきやすいでしょう。

新古品について

新古品とは、未使用ながらも製品そのものは新しくないというものを言います。
こうしたものも製品によって多少は異なりますが市場としては高値で買い取ってくれるでしょう。

高値につなげるアプローチを

今回は、高値買取という部分に焦点をあてて考えていきました。
こうしたアプローチを積極的に取り入れて、少しでも満足度の高い取引を目指してください。

多くの方が買取の際の疑問点や不安点について

もう使用しなくなった美容機器を買取してほしいという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、買取そのものが初めてでよく分からない・不安や疑問があるという声もまた多いものです。
今回は、そうした不安や疑問点などを中心に考えていきたいと思います。

査定をしたら買取依頼をしなくてはならないのか

意外に多くの方が抱いている誤解の1つとして「査定を依頼したからには契約をしなくてはならない」というものです。
しかし、決してそのような必要はないのです。
査定金額に不満足があるという場合や、店舗や業者に対して何らかの思いが生まれたという時には買取依頼をする必要はないのです。

未成年でも買取を実施してくれるのか

美容機器そのものは安価なものもありますし、未成年の方でも購入ができるものも多く存在しています。
ですので、買取もしてくれるのではないか?と思われがちです。
しかしながら、古物営業法の関係上、未成年者間での売買は禁止されているのです。
もし、売りたいけれど年齢的な問題があるという方は保護者の同意を得れば受け付けてくれるという場合・保護者が買取依頼をするという事で解決していただけるかと思います。

店舗などで利用していた美容機器について

法人や店舗で使用をしていた専門的な美容機器の買取も実施している業者は数多く存在しています。
専用の窓口を用意しているところや、法人専用というところもありますので、状況に合わせて取り入れてみるとよいでしょう。

納得したうえで利用しよう

今回はいくつか具体的に掲げていきましたが、上記以外でも疑問や不安な点があれば必ず解決させてから契約をするようにしてください。
それが、トラブル回避のためにも・満足取引にもつながるのです。